両者が納得いく介護の在り方

高齢化社会の現代では、親の介護で大きな不安を感じている人は多いのではないでしょうか。もちろん大切な両親には長生きして欲しいと思うでしょう。しかし高齢になってくると、色々な面でサポートしなければならなくなり、結果的に付きっきり状態になって自分自身への負担がとても大きくなってしまうのです。

老人施設や訪問介護など、高齢化に伴い増えてはいますが、費用や本人の気持ちなどで施設サービスを利用できないという悩みを持っている人もいるでしょう。親のサポートのやり方に決まりはありませんから、施設に預けて自分はしっかり働くというやり方もあります。毎日の介護で精神的に疲れてしまうと、親にきつくあたってしまうこともありますから、施設等に任せることも1つの方法です。しかしその場合は、一週間に2回くらいは会いに行ってあげるなど配慮が大切です。

また、仕事などをセーブし、じっくり密着してサポートする方法でも良いのですが、その場合やはり息抜きは必要です。週に一回くらいは丸一日デイサービス等に預けても良いかもしれません。なによりも無理をしないことが大切です。また、サポートが必要になってから慌てないよう、若いうちに将来の理想を親子で話し合っておくことも重要なことです。サポートする側もされる側も、気持ちよく毎日を過ごすためには、義務感を感じすぎて義務的に毎日を過ごしてしまうことの無いよう、お互い負担がかかりすぎない方法をしっかり考えなければなりません。

No comments yet.

Leave a comment

 
2017年11月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

最近のコメント